レディー

適応障害と感じたら|症状の現れは繊細な証拠

心的な病気の一つです

2人の女医

考え方が大切です

適応障害は、職場環境や仕事などに対して過度にストレスがかかると発症する病気です。特にやっかいなのが、自分も周りも気付かないうちに病気になってしまうケースが多いと言う事です。また、うつ病とも非常に似ているので専門家でさえ、正しい情報が無いと所見では判断が難しいでしょう。適応障害は、環境の変化によって生じる場合が多いので、自分自身で新しい環境になったら、今までと同じで良いという考え方を改めることが必要です。そして、物事がうまくいかなくなったら、今まで出来てたことがなぜが出来なくなったのかを客観的にとらえるようにすることが重要です。そうしないと、自分がダメな人間だと思えるようになってきて、自己嫌悪や自己否定の気持ちが強くなって病気につながるので危険です。また、プライドが高く挫折を味わったことが無い人は、打たれ弱いので適応障害やうつ病になりやすいです。上司から怒鳴られ続けても、「またいつものことか」と思えるくらいの気持ちをもって、何でも真剣に考え過ぎずに、ストレスを緩和させることも大切でしょう。適応障害は、うつ病にくらべると治療はし易いので、自分自身で気持ちがおかしいと感じたら心療内科などで相談してみると良いです。

認知療法が良いです

適応障害などの心の病は、認知療法が有効です。今感じているマイナスな思考を、少しでもプラス方向に持っていくことで、気持ちを落ち着かせることが大切です。認知療法は、自分自身の考え方の根本そのものを変えていく治療法です適応障害などの心の病に悩まされる方は、自分に対して過度にネガティブな先入観を持っていることが少なくありません。認知療法はそういった先入観を書き換え、ポジティブシンキングな思考に変えるための治療となっています。心の病は、とにかく今現在の悪い思考を何とか改善することが大切なので、好きなことをするのも有効です。体を動かしたりすることですっきりする人もいますが、過剰な運動をすると後で一気に気持ちが落ち込む場合もあるので注意が必要です。また、適応障害は回復に時間がかかる場合が多いので、ずっと治らないと不安に感じる人もいますが、必ず治ると信じることも大切です。心療内科の先生も、まずはそのことを説明するでしょう。適応障害の場合は職場が移動になったり、人事で周りの上司や同僚が変わるだけでも治る場合があるので、あまり深く悩まない方が良いです。休職になっても、沢山自由な時間が増えたという風に考えると良いでしょう。