ウーマン

適応障害と感じたら|症状の現れは繊細な証拠

現代における心の病

看護師

適応障害はストレスを引き金として発症する、心の病気です。そのため、症状を改善したければ、専門医の診察を受け、ストレスの原因となったものを取り除く必要があります。短期間で治療を終えるのは難しいので、気長に取り組みましょう。

More Detail

メンタルヘルスを考える

笑顔の女性

メンタルヘルスとは心の健康のことです。この心の健康が害されると、メンタルクリニックを受診する必要が出てきます。多くの心の病気の前兆として、「適応障害」があります。抑うつ気分、不安などは適応障害に見られる症状ですが、適応障害の治療は、ストレスの原因となっていることの除去が主となります。

More Detail

心的な病気の一つです

2人の女医

適応障害はうつ病にも似た心の病の一つです。環境の変化で、物事がうまくいかなくなってストレスが大きくなると生じる場合が多いので、そうなってもできるだけプラス方向に考えを持っていけるようにすることが大切です。

More Detail

ストレスが原因の精神病

スーツの男性

適応障害はストレスが原因となって発症する精神病で、それは特定の場所へ向かおうとすると症状が現れてきます。しかしそれ以外の時間は元気な姿でいるので家族など周囲が気づいてくれないこともあり、病気にかかっている本人が苦しむことも少なくありません。心療内科などの病院を訪ねて、しっかりと治療をしていきましょう。

More Detail

メンタルチェックの重要性

カウンセリング

おかしいと感じた時は

生活をしていると様々なストレスを感じることがあると思いますが、ストレスの受け方は人それぞれで違います。 同じ状況でも人によってはストレスを非常に強く感じたり、不安感が強くなったり、悲しくなったり、憂鬱になったり、自暴自棄になったりすることがあります。場合によっては、強いストレスを感じたことにより、頭痛や腹痛等身体にまで影響が出る場合もあります。そのような時は適応障害の可能性があるので、診療内科や精神科で診察を受けることをお勧めします。適応障害とうつ病の症状は似ていることから、よく間違われることがあります。適応障害は特定のストレスから適応できない状態にあり、そのストレスから離れた場合は正常に戻る場合もあります。しかし、うつ病の場合は、常にうつの状態であり、特定のストレスは関係ありません。ただ、気をつけなければならないのは、適応障害と言っても、そのまま放置しておくとうつ病になる可能性が非常に高いということです。なので、症状に気がついたら、早めに受診することをおすすめします。

診療内科や精神科の選び方

自分が適応障害ではないかと疑った場合、診療内科や精神科で診察を受けることになると思いますが、できればインターネット上の口コミや知り合い等から評判の良い病院を見つけることが重要です。評判の良いところにはたくさんの患者が集まっており、予約も難しいと思うのですぐにわかると思います。診療内科や精神科は通常の病気と違い、患者の話を聞いて症状を判断し、適切に治療を進めていきます。その為、医師との相性の重要です。適応障害は人よりもストレスを強く感じる事が多いので、親身に話を聞いてくれる医師を見つけましょう。そして、適応障害を解決するには医師に話しをして薬を処方してもらうだけではなく、医師との話し合いからストレスの原因を探し出しましょう。原因を探す段階で、ストレスを感じてしまうこともありますが、あなた自身にストレス耐性を身につける必要があります。なので、投げ出すことなく診察を受けましょう。また、あなたが数回通院して、医師との相性が合わない場合は、別の病院に変更することも可能です。医師に対する不満がたまるとメンタル面に負担が掛かります。また、医師との相性だけでなく、アクセスのしやすさも重要です。自宅から通いにくい立地にある医療機関は避けましょう。受診を重ねる上で、通院が面倒に感じてしまったら次第に足が遠のいてしまうでしょう。まずは、地元に優良な精神科・心療内科がないかチェックしてみましょう。